ニュース画像
参列者が見守る中、晋山式に臨む藤里貫主
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
仏教用語集

仏教用語集

托鉢(たくはつ)

僧尼が経文をとなえながら、鉢を托出して米や金銭を乞うて歩くこと。鉢は木製の食器である。

他力(たりき)

人間の力を超えた阿弥陀仏の本願の力。

大悲(だいひ)

衆生をあわれみ、その悩みを除き去る仏の大きな慈悲。

醍醐味(だいごみ)

牛乳には、乳・酪・生酥(しょうそ)・熟酥・醍醐の五味があるといわれる。その一つの味で、食物の最上の味。

打坐(たざ)

坐禅すること。只管(しかん)打坐といえば、余念なく専心に坐ることをいう。

荼毘(だび)

死者の死体を焼いて骨を葬ること。

檀那・旦那(だんな)

人に物を施したり法を施すこと。真心をもって布施する人。

大衆(だいしゅう)

仏教では多くの僧侶のことをいう。また法を聞くために集まった僧俗の男女の総称。

仏教用語集

智慧(ちえ)

人生や社会の真実の姿を見きわめ、邪正を分別し、真理を直観する能力。

畜生(ちくしょう)

地獄・餓鬼とともに三悪道の一つ。

中尊(ちゅうそん)

仏壇中央にまつられる尊像。

中道(ちゅうどう)

極端な享楽や、極端な苦行にかたよらない中正な仏教の実践の立場。

長老(ちょうろう)

深い学徳を身につけた高僧のこと。

仏教用語集

追善(ついぜん)

死者の冥福を祈るため後から善事を営むこと。

仏教用語集

天(てん)

仏教でいう天は、三界にある諸天の天界のこと。すなわち、人間界の上にあって、すぐれた果報を受ける者のみが住む世界。

点心(てんじん)

禅宗で、定時の食事の間に少量の間食を摂ること。

転読(てんどく)

経典の最初から終わりまで全部を読む真読(しんどく)に対し、経の初・中・終の数行だけを読むこと。

仏教用語集

塔婆(とうば)

円塚、廟に当たる。舎利をおさめたり、あるいは供養や報恩のため高く築いた建造物。

東司(とうす)

禅宗で便所のことをいう。

斎(とき)

小乗仏教の僧侶は正午以前に食事をとり、それ以後は摂らないが、食事をしない時間を非時(ひじ)といい、食すべき時の食事を時食、斎食という。そのことから、僧侶の食事や法事での食事を斎という。

得度(とくど)

剃髪して僧侶になること。