ニュース画像
「誠」の隊旗を掲げた五重塔院で営まれた法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
仏教用語集

仏教用語集

内陣(ないじん)

お寺の本堂の奥の間で本尊を安置し、法会の儀式を行う所。

南無(なむ)

帰命、帰依すること。

奈落(ならく)

地獄のこと。

仏教用語集

二乗(にじょう)

声聞と独覚とよぶ二種類のタイプの仏教修行者。

如来(にょらい)

仏の尊称。元来の意味は「そのように来た人」のこと。

入道(にゅうどう)

剃髪し僧衣は着ているが、入寺せずに家に居る者。

入室(にゅうしつ)

師の部屋に入って道を問うこと。また弟子となることをもいう。

忍辱(にんにく)

屈辱を耐えしのんで、怒りの感情を起こさないこと。

仏教用語集
仏教用語集

涅槃(ねはん)

火が吹き消された状態。つまり煩悩が滅した究極的な悟りの境地。

年忌(ねんき)

回忌と同じ。毎年めぐってくる死者の忌日。

念仏(ねんぶつ)

口に仏名(阿弥陀仏)を唱えること。

仏教用語集

能化(のうけ)

師として他を教え導くもの。教化されるものは所化。

納経(のうきょう)

供養のために、経を寺社に奉納すること。