ニュース画像
「誠」の隊旗を掲げた五重塔院で営まれた法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
仏教用語集

仏教用語集

八宗(はっしゅう)

平安時代にひろまった八つの宗派。倶舎・成実・律・法相・三論・華厳・天台・真言をいう。

八正道(はっしょうどう)

涅槃に達する八つの道。正見・正思惟・正語・正業・正命・正精進・正念・正定のことをいう。

波羅蜜(はらみつ)

迷える世界から、悟りの世界へ渡ること。到彼岸。

波羅門(ばらもん)

インドの種姓の一つで、最高の位置にある司祭者階級の称。

仏教用語集

彼岸(ひがん)

迷いの此岸から、苦悩の流れを越えて到達する悟りの世界のこと。普通、春分、秋分の日の前後七日間をもいう。

比丘(びく)・比丘尼(びくに)

出家して具足戒を受けた男子が比丘、おなじく戒を受けた女子が比丘尼。

聖(ひじり)

三世(過去・現在・未来)を知る者をいう。わが国の中世以後、庶民の師友となって、街頭に出て教化した僧侶のこと。

仏教用語集

福田(ふくでん)

田に稲が実るように、種をまけば功徳のみのりの多いこと。仏・法・僧の三宝をもいう。

節談説教(ふしだんせっきょう)

言葉に抑揚をつけてジェスチャーなども交え、演技的表現をとりながら聴衆の感覚に訴える情念の説教。

普請(ふしん)

多くの人々に要請して、共に物事(土木、建築など)を為すこと。

布施(ふせ)

梵語ダーナ(旦那・檀那)の翻訳。純粋な気持で贈る物質的、精神的な恵みをいう。

仏陀(ぶっだ)

悟りに到達した人・ブッダの音写。釈迦をさす。

仏性(ぶっしょう)

全ての人間の心にそなわる仏となる可能性。

仏滅(ぶつめつ)

陰陽道で、万事に凶とする悪日。

仏事(ぶつじ)

仏法儀式や法事。

仏教用語集

ベゼクリク石窟寺院(ベゼクリクせっくつじいん)

「ベゼクリク」は「絵のあるところ」の意味。11世紀ごろ栄えた西ウイグル王国が仏教を信仰。この地の石窟寺院に壮麗な仏教壁画が描かれたが、イスラム教の浸透や列強の探検家などに持ち帰られ、壁画の多くは失われた。

変化(へんげ)

仏が人を救うために、仮りに人間の姿となって現れた化身。権現ともいう。

変成男子(へんじょうなんし)

女性が成仏するのは難しく、仏の功徳により、いったん男性になって仏になるとする考え方。

遍路(へんろ)

四国八十八カ所などの霊場を参拝する巡礼者。

別院(べついん)

一宗の本山、本院以外に別に設けた寺院。

仏教用語集

法(ほう)

梵語ダルマの訳で、全ての存在するものの意味と、存在の法則にもとづいて為された教え、真理を意味する。仏法のこと。

法会(ほうえ)

経典の読誦、説法、食事の布施など、いろいろな宗教的集会をいう。

法類(ほうるい)

同宗同派に属し、平素たがいに助けあっている寺院、またその僧侶のグループ。

方便(ほうべん)

真実(の悟り)に到達するためのてだて。人を導くにあたり、その人の素質、性質、種々の事情を考慮し、最も適切な方法、手段をとること。

菩提(ぼだい)

正しい覚(さと)り、寂静の境地。普通は成仏することを指している。

本願(ほんがん)

仏や菩薩が悩める人々を救済しようとしておこした根本の誓願。また堂塔、仏像起工の宿願をも意味する。

本尊(ほんぞん)

本師・本仏として礼拝する尊像。寺院では本堂内陣の中央正面に安置される。

煩悩(ぼんのう)

人間の心身を悩まし、迷わせる、あらゆる妄念や欲望のこと。

法悦(ほうえつ)

仏の教えを聞いて、心に喜びが生じ、それが善因となって自己を楽しますこと。

法事(ほうじ)

法要などの仏教行事。もともとは仏教を宣揚することや修行を意味した。

法衣(ほうえ)

僧・尼僧の着用する衣服のこと。袈裟の下に着る衣服。

法輪(ほうりん)

仏法が、煩悩をうちくだいて世界に弘まることの動きを車輪で示したもの。

凡夫(ぼんぶ・ぼんぷ)

六道を輪廻する者のこと。