ニュース画像
開基の妙達上人像を開眼する五十嵐住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 新製品・トレンドリスト> 新製品・トレンド

二河白道・二祖対面を1枚に ―― テラノミライ

二河白道・二祖対面を1枚に

照明や音響を通して法要を演出・サポートするテラノミライ(京都市中京区、西谷謙二社長)はこのほど、「二河白道」と「二祖対面」の図を一枚の布の表裏に染めた商品を発売した=写真。受注生産で、寸法は縦57センチ・幅1メートル。UV加工を施した合わせガラスに挟んだ状態で販売する。

デジタル捺染と呼ばれる特殊な染色プリント技術を用い、生地の表裏に二河白道と二祖対面の図柄を染め付けた。きれいな発色や耐光性が特長といい、同社では「両図を掛け軸に仕立てて用いることが多い、浄土宗の五重相伝でもお使いいただける。法話のツールとしても活用してほしい」としている。

価格は税込み24万円。送料は別途。納期は受注から約1カ月。希望があれば、卓上用の台やスタンドの注文にも対応可。

問い合わせは同社=電話075(200)7801。