ニュース画像
「誠」の隊旗を掲げた五重塔院で営まれた法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

香偈でつながる日本仏教 ― 「戒香の四句」は『行事鈔』の一文

融通念仏宗法覚寺住職 山田陽道氏

2016年9月16日付 中外日報(論)

やまだ・ようどう氏=1972年、大阪府八尾市生まれ。龍谷大大学院文学研究科仏教学専攻博士課程満期退学。融通念仏宗教学研究所元研究員。論文に「『香偈』史考」他。
勤行の始めに唱える「香偈」の起源は「香讃」

私たち融通念佛宗の勤行は「戒香定香解脱香 光明雲台徧法界 供養十方無量仏 見聞普薫証寂滅」という「香偈」の文を唱えるところから始まる。この「香偈」について調べていくと、日本仏教における宗派を横断した様々な関わりが見えてきたのでここで少し紹介したい。

浄土宗系は善導の『法事讃』出典の文

勤行の冒頭に「香偈」を唱える最も代表的な宗派は浄土宗であろう。そして西山浄土宗や時宗でも、浄土宗を踏襲した同じ勤行の作法が用いられている。これら浄土宗系宗派の「香偈」では、善導の『法事讃』を出典とする「願我身浄如香炉 願我心如智慧火 念念焚焼戒定香 供養十方三世仏」の文が一般に使われている。

ここで注目したいのは、時宗にあっては、勤行の冒頭にあって浄土宗で「香偈」と呼ばれるこの同じ文を「焼香讃」と呼んでいることである。時宗の経本でこの「焼香讃」という語を見た時に、私は大きな衝撃を受けた。黄檗宗では勤行の始めに「香讃」を唱えることが習わしとなっていることを以前から知っていたからである。

調べてみると福井文雅博士がこの「香讃」について研究されており、勤行の始めに「香讃」を唱えるという勤行作法は中国大陸系の仏教寺院で一般的に見られる様式であることがわかった。江戸時代に中国大陸からの渡来僧が中心となって開かれ、中国仏教の勤行作法を直接に受容した黄檗宗では、今でも福建語にならった漢字の読みで勤行の冒頭に「香讃」を唱えている。さらに調べていくと、浄土宗でも現在の勤行の形式が成立していく草創期には勤行の始まりを「香讃」とする例が見受けられた。浄土宗内で「香讃」を取り入れた最初の人物と見られる、法然院の忍澂(1645~1711)は黄檗の独湛(1628~1706)と親交を深くしていたことも文献から確かめられた。これらの事実から、「香偈」から始まる日本仏教の勤行作法は、中国仏教の「香讃」を由来とすることがほぼ明らかとなった。

ただ、浄土宗では「香讃」の文を取り入れることはなかったようである。それは黄檗の「香讃」(冒頭で読まれる「爐香讃」と呼ばれる文は「爐香乍爇(るーひゃんつぁぜ) 法界蒙薫(ふぁきゃいむんひん) 諸佛海會悉遙聞(ちーふはいふいしーやううん) 隨處結祥雲(すいちゅけーちゃんいん) 誠意方慇(ちんいふゎんいん) 諸仏現全身(ちーふへんちぇんしん)」とルビが振られている)が福建語の読みであるのと、福井博士の研究によればこの散文体の文言は正統な仏教典籍からの引用ではないことが理由と考えられる。

忍澂は、元禄期に編まれた『浄土諸回向宝鑑』(『宝鑑』)の中に併記されている、前記の戒香から始まる四句(「戒香の四句」)か願我から始まる四句(「願我の四句」)かのどちらかを採用したようである。やがて浄土宗内では、教義上の理由もあってか「香偈」の文として「願我の四句」が主唱されるようになった。それを避けるようにして融通念佛宗では「戒香の四句」の方を「香偈」の文として使用し、現在に至る。

同様に「香偈」に続いて唱える文についても、融通念佛宗では浄土宗で一般的な「一心敬礼」から始まる「三宝礼」でなく、「我此道場如帝珠 十方三宝影現中 我身影現三宝前 頭面摂足帰命礼」を唱えている。

『宝鑑』には「三宝礼誦文」として「一心敬礼」から始まる文と「我此道場」から始まる偈文の両方を記載している。つまり、融通念佛宗の勤行作法は浄土宗の「香偈」「三宝礼」に依りながら『宝鑑』を参照し、浄土宗では一般的ではない偈文を用いて成立したと考えると説明がつくのである。

「香偈」の成立と展開

「戒香の四句」の偈文について調べてみると、それがもとは中国唐代の僧、道宣(596~667)撰『四分律行事鈔』(『行事鈔』)にある文であり、その註釈である元照(1048~1116)撰『行事鈔資持記』にはその文脈からこの「戒香の四句」の偈文を「香偈」と呼んだことが確認できた。大正蔵経の中で「香偈」の文として確認できるのはこの偈文が唯一である。

ここで「戒香の四句」の成立と経過についてはいくつか混乱があるようなので、少し整理しておきたい。「戒香」から始まる偈文の大正蔵経における最も古い例は『行事鈔』にある「戒香定香解脱香 光明雲台遍法界 供養十方無量仏 見聞普熏証寂滅」の文である。『行事鈔』を著した道宣はこの文を「華厳に云わく」と記している。しかし、この四句は華厳経系の諸経のどこにも見当たらない。そのことによって、高崎直道博士も「『華厳経』に依るという意味はいま一つ明らかでない」と指摘されている。

ところが、個々の語句をつぶさにデータベースで検索してみると、「解脱香」を除く全ての語が『六十華厳』において確認できる。そればかりか、個々の語句の引用部分は偈文のようにつなげていくこともできるように見受けられる。『六十華厳』では六波羅蜜の行を香と結び付けて説いているが、別の経典には「戒・定・慧・解脱・解脱知見」の五分法身を香と関連付けた「五分法身香」という考え方が説かれている。

後世にもよく用いられるこの「五分法身香」の思想が、『六十華厳』の教説と結び付いて出来上がったのが「戒香の四句」である。よって、道宣がこの四句を「華厳に云わく」と示したのは、『六十華厳』の思想と文言を基礎にして「五分法身香」の考え方を取り入れて成立した偈である、という意味に解釈できよう。

この「戒香の四句」には様々なバリエーションが見られるが、仏典史上では『行事鈔』にある前記の「戒香の四句」がオリジナルであることと、それが『六十華厳』起源であることをここで確認しておきたい。

「香偈」から「焼香偈」呼び方変化の過程

またこの「香偈」は日本で中世期に「焼香偈」とも呼ばれるようになった。大正蔵経では嘉暦3(1328)年、忍仙撰の『律宗行事目心鈔』に「香偈」→「戒香偈」→「焼香戒香偈」→「焼香偈」と順を追って呼び方が変化していった過程が「布薩」や「自恣」の次第を順に見ていくことで確認でき、非常に興味深い。

諸宗派で唱えられる「戒香定香解脱香」

日本の諸宗派で唱えられる偈文を調べてみると、南都の華厳宗や法相宗、禅宗に浄土宗から日蓮宗に及ぶ文書で「戒香の四句」またはそのバリエーションである「戒香定香解脱香」系の偈文を確認できたのでここに紹介したい。より適切な出典はあろうかと思うがその点は是非またご教示願いたい。

(一)華厳宗 『華厳宗在家勤行法則』「香讃」 戒香定香解脱香 光明雲臺徧法界 供養十方無量仏 見聞普薫証寂滅

(二)法相宗 『薬師寺勤行集』「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲臺遍法界 供養十方無量仏 見聞普薫証寂滅

(三)天台宗 『台門行要抄』「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲臺徧世界 供養十方三世仏 妙法蓮華大海衆

(四)臨済宗 『諸回向清規』「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲臺遍世界 供養十方無量仏 見聞普薫証寂滅

(五)曹洞宗 (1)『瑩山清規』 戒香定香解脱香 光明雲臺遍法界 供養十方無量仏 見聞普薫証菩提 (2)『曹洞宗常用偈文集』「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲臺徧法界 供養十方無量仏 供養十方無量法 供養十方無量僧 見聞普薫証寂滅

(六)浄土宗 『浄土苾蒭宝庫』「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲臺徧法界 供養十方無量仏 見聞普熏証寂滅

(七)日蓮宗 『新編 日蓮宗信行要典』釈尊降誕会 「焼香偈」 戒香定香解脱香 光明雲台徧法界 供養十方無量仏 見聞普薫照寂滅

「香偈」に類する文としてはここに挙げた「戒香定香解脱香」系の偈文の他に、「願此香華雲」で始まる偈文も多く見られた。

「無上甚深微妙法」で始まる開経偈も諸宗派で唱えられることはよく知られているが、この「戒香の四句」に関わる偈文も日本仏教に広くいきわたっていたのである。今回、真言宗では確認できなかった(見落としただけかもしれない)が、『行事鈔』にある文を真言宗で唱えることに積極的に反対する理由はないであろう。

しかし、無戒を信条とする浄土真宗では「戒香の四句」を唱えることは難しいかもしれない。昭和の初めころまでは大谷派で、先の浄土宗と同じ『法事讃』にある「願我の四句」が声明では唱えられていたようであるが、今は唱えられなくなっている。いつか「戒香の四句」を仏教会の集まりなどでお唱えできる日が来ることを願うが、叶わぬ夢であろうか。