ニュース画像
庭儀で明著堂に進む光淳門主
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

「終活」真の相談相手とは ― 死生観に向き合う宗教者こそ

葬送問題ライター 奥山晶子氏

2016年6月22日付 中外日報(論)

おくやま・しょうこ氏=冠婚葬祭互助会勤務後、出版社に入り、葬儀と墓について執筆を始める。2008年、日本初の喪主向け実用誌『フリースタイルなお別れざっし 葬』を刊行。著書に『葬式プランナーまどかのお弔いファイル』(文藝春秋)、『「終活」バイブル』(中公新書ラクレ)。

葬儀業界で2年間働いた後に上京し、念願の出版職に就いたにもかかわらず、葬送の世界とは縁が切れなかった。つなぎとめたのは、業界から抜け出したとたんになだれ込んできた、親戚・友人・その他知り合いからの膨大な相談事だ。

葬儀会社では警戒してしまう。お坊さんには委縮してしまう。もと葬儀社勤務というのが、葬儀や墓、その他もろもろの相談相手としてちょうどいいと判断されたようだ。みんなから寄せられた疑問を解消しようと自分自身でも調べ、せっかくだからと誌面にまとめているうちに、葬儀を専門に研究するライターになった。

葬儀より墓の相談

相談事として多いのは、葬儀のことよりも圧倒的に墓に関することである。近年の相談事のベストワンは「お墓はいらないと思うのだけれど、どうすればいいか」というもの。最近までNPO法人の「葬送の自由をすすめる会」という、主に海洋散骨の普及に努める団体の理事を務めていたからか。しかし、相談者のうち、散骨を決断した人は1割にも満たない。樹木葬、納骨堂、合葬墓、デザイン墓など、様々な選択肢を提示するうちに心が傾くようで、いろんな墓苑のパンフレットを取り寄せる。忘れた頃、「このお墓に決めました」などと便りが届く。

要は、「お墓はいらない」のではなく、「(今ウチが守っているような)お墓はいらない」ということなのだ。「今ウチが守っているようなお墓」とは、護持費がかかり、後継ぎが必要で、新しく買えば高く、しかも何十年も変わっていないような古いデザインのお墓のことである。これらの難点をどれか一つでもクリアするようなお墓であれば、相談者は瞬時に興味を持つ。

結局、散骨を心決めるような人は、ポジティブな理由を持っている人だけである。その理由には二つある。「どうしてもあの海に還りたい」「自然に還りたい」というものだ。しかし実は、それらの理由だけでは足りない。希望の場所から散骨するのは無理ということで、散骨そのものを諦める人は少なくないからだ。「あの海に」という人にとっては、どこから撒いても良いというものではない。

また、「自然に還りたい」という人にとっては、散骨だけでなく樹木葬も選択肢に入る。樹木葬は骨壺ではなく、さらしなどに骨を入れて埋葬する形式が多いからだ。

つまり確実に散骨を実行する人の胸の内には、もっと根本的な信念がなければならない。それこそ、「墓はいらない」という信念だ。ただし本人のこんな確固とした信念も、後に遺された人によってガラガラと崩れ去ってしまう。毎年、命日やお盆の時期に散骨を行った海へ出向いて手を合わせる遺族がかなり多いからで、これは海が墓化してしまっているに過ぎない。逝く人と弔う人の意向は違って当然だが、果たして「墓はいらない」という個人の遺志が貫徹されたといえるのだろうか?

0葬に魅力感じる

「墓はいらない」という信念に「じゃあ、これはどうか」と投げかけられたのが、島田裕巳氏が提案する「0葬」だ。火葬場から骨を持ち帰らないので、散骨の必要すらない。遺骨を弔いの対象としない究極の形だ。0葬について勉強するセミナーに参加したことがあるが、「これこそ父親が求めていた形。すでに亡くなっているので、実現はできなかったけれど……」と、「骨は捨て置け」という遺言を受けていた男性が感想を漏らしていた。0葬を実現するためには、まさに火葬されたその日のやり取りが大事で、いったんお骨を受け取ってしまうと、すでに0葬ではなくなる。

ただ、特に関東以北においては遺骨の受け取り拒否ができない火葬場が大半だ。関西以西は昔から部分収骨が行われているため、「喪主にあたる人がその場で一筆書いてくれれば引き取らなくても可」とする火葬場が点在するが、「たとえスプーン一杯でもいいから持ち帰ってほしい」というところもある。その場で交渉しても、押し切られてしまうことが大いに想定される。こんな交渉事には慣れていない喪主がほとんどだから、十中八九持ち帰る羽目になるだろう。

そこで0葬プランを立ち上げた葬儀社もある。遺骨の受け取りについては葬儀社が火葬場と交渉し、もしどうしても受け取らざるを得ない場合は葬儀社が引き取り、後日に散骨や合同墓へ埋葬するなど、事前に依頼主が選んでおいた葬法で弔う。いったん遺骨を持ち帰るのだから、厳密には0葬といえないが、火葬後は一切遺骨と関わることのない依頼主から見れば0葬である。驚いたことに、この0葬プランをフルに活用すれば遺体と対面する必要すらなくなってしまう。病院へのお迎えから火葬場への移動、火葬後の遺骨引き取りまで葬儀社が全て代行するからだ。もちろん、完全な0葬プランを選ぶ人は、かなり複雑な家庭事情を抱えているとか、会ったこともないような遠い親戚の引き取りを任されたとか、だいぶ特殊なケースに限られると信じたい。

すでに墓についてかなり勉強し、散骨を選び取った人が「0葬」に示す反応は様々だが、0葬のほうがよりさっぱりしていると魅力を感じる人、自由な葬法が増えて喜ばしいとする人が多い。散骨を選んだことで「違法ではないのか」「骨を捨てるなんて乱暴だ」などと言われ続けた悲しい過去を持つため、新顔の葬法も尊重すべきと考えるのだ。しかし中には「遺骨を捨て置くなんて」と強く反発する人もいる(散骨賛成論者の中に、である)。考え方に対して気持ちを示すだけならいいのだが、度が過ぎると少数派いじめの連鎖が行われているようで寂しい。

ただ感じるのは、散骨にせよ0葬にせよ、その支持者は逆説的に墓にこだわりを持ち、遺骨に執着しているということだ。自らの葬られ方にこだわり、遺骨の扱いにこだわるそのあり方から、「墓はいらない」と「強く」主張する。「私の墓? 何でもいい、あってもなくてもどうでもいい、残る人が決めてくれれば」という態度のほうが、0葬と呼ぶのにふさわしいのではと思うほどだ。

死生観真剣に考え

葬儀社や墓苑など業界の人たちと接したり、「終活」に興味のある人たちと交流したりするのが仕事だから、身近に葬儀や墓の話題がある環境にどっぷりつかってしまっている。だから街頭取材で不特定多数の人に声をかけると、葬儀や墓や宗教に興味がない人のほうが「多数派」なのだと知り、ハッとする。墓参り中に声をかけているのに、菩提寺の名前や宗派すら覚えていない人がいるほどだ。しかし、それが普通なのだ。何かよく分からないけれど墓参りの形だけは守るという態度も、信仰の尊い姿のひとつだと思うので、責める気にはならない。

終活ブームにより、「戒名いらない」「墓いらない」「散骨したい」などという相談が増え、困惑している宗教者も多いと思う。しかし、そんな相談を持ち掛けてくれる人こそ、死生観について真剣に考えている。真っ向から信仰を説くのに、よりふさわしい存在だといえるのではないだろうか。信仰を否定しているのではなく、むしろ自分自身の信念を打ち明けに来てくれているのだから。

もちろん、そういった相談に真剣に対応してくれている宗教者がほとんどだろう。しかし、世間のイメージは違う。よく知っているはずの菩提寺の住職ではなく、全く面識のない葬儀研究者にメールで相談してくるのはなぜか。代々墓を守ってくれている住職には切り出しづらい、失礼のない相談の仕方はないものかと、見も知らぬ者を頼ってくるのだ。

こういった、真に死生観と向き合っている人たちがダイレクトに相談できる存在に、宗教者がなり得る方法はないものだろうか。葬儀社や墓石関係者や私のような存在は、選択肢を提示することしかできない。精神的な部分は専門外でお手上げだし、相談者が求めているのは、どうやら選択肢を知ることではないらしいと気づいたのだ。彼らは、墓という問題が持ち上がったとき、どっしりした死生観が自分の中に存在していなかったことに戸惑い、混乱した気持ちを静めるために「葬式はいらない」「墓はいらない」と言っている。それは単にスッキリしたいからであって、根本的な解決にはなっていない。そして根本的に解決させるための力は、私は持ち合わせていない。その力を持っているのは、宗教者たちである。