ニュース画像
「誠」の隊旗を掲げた五重塔院で営まれた法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

学生の宗教意識はどう変わったか ― 20年間の全国調査から

國學院大教授 井上順孝氏

2016年6月10日付 中外日報(論)

いのうえ・のぶたか氏=1948年、鹿児島県生まれ。東京大大学院人文科学研究科博士課程中退。同大文学部助手、國學院大日本文化研究所助教授を経て、同教授。2002年に神道文化学部教授。13年から研究開発推進機構長兼任。国際宗教研究所・宗教情報リサーチセンター長。主な著書に『神道入門』『本当にわかる宗教学』『宗教社会学のすすめ』、編著に『映画で学ぶ現代宗教』『21世紀の宗教研究』など。
はじめに

2015年4月から6月にかけて実施した全国の学生宗教意識調査の結果が昨年末にまとまり、報告書も刊行された。この調査は奇しくもオウム真理教による地下鉄サリン事件が起こった1995年に開始された。2001年までは毎年実施したが、その後、5年に2回の頻度に変更し、昨年の調査で12回を数えた。

当初、國學院大学日本文化研究所の宗教教育プロジェクトで構想されていた調査であるが、93年に設立された「宗教と社会」学会に学生意識調査プロジェクトが設けられ、これと合同で実施することになった。いずれのプロジェクトも筆者が責任者であった。調査メンバーは平均して30人程度であり、調査対象とした大学は、毎回30~40校であった。得られた有効回答は99年を除いて4千~6千程度である。99年は特別に大掛かりに実施し、1万以上の回答を得ている。

昨年の調査をもって、この形態での意識調査には一応の区切りをつけることになった。そこで、昨年の第12回の結果をいくつか示した上で、この20年間に生じた変化のうち、特筆すべきものを紹介したい。

15年の調査結果から

昨年の第12回の調査は36の大学で実施され、5773の有効回答を得た。毎回質問しているのは、信仰を持っている割合、両親が宗教を持っている割合、初詣や墓参りに行く割合といったものである。これらについては、これまでと比べてさほど大きな変化は見られない。信仰を持っているという回答は全体で10・2%で、宗教系の大学を除いた国公立・一般の私立の大学(以下「非宗教系」とする)だけでみると7・7%であった。

信仰を持っている人の内訳をみると、一番多いのが仏教で37・2%であった。次いで神道24・1%、新宗教20・7%、キリスト教12・6%であった。しかし非宗教系だけで調べると、仏教45・5%、キリスト教18・5%、新宗教13・7%、神道11・6%となる。宗教系の大学の回答者が47・6%と半数近くを占めるので、現在の日本の大学生の全体での信仰について推定するなら、非宗教系で考えた方がいい。

非宗教系の学生のうち、信仰を持つ者の割合は7・7%であり、また仏教を信じる学生の割合は45・5%なので、非宗教系では3・5%の学生が仏教を信じている計算になる。宗教系の大学では少し割合が増えることが分かっており、詳しい計算は省くが、それを加味すると、仏教を信じる学生は4%程度と考えるのが妥当である。同様にすると、キリスト教は2%弱、新宗教と神道は1%程度と推定される。

ランダム調査ではないので、誤差は一定程度あるわけだが、12回の調査を重ねた結果からすると、この数字は現代の学生の信仰心を考える上でかなり正確な数値を示していると考えられる。

なお信仰の有無などについては、20年の変化としてみると、注目すべきことがいくつかある。これに関しては後述する。

神、仏、霊魂の存在を信じるかどうかについても、大きな変化はないが、前回12年の調査よりは増加傾向となった。神や霊魂の存在は2割強が「信じる」と答える。仏の存在を信じる割合はこれより数ポイント少ない。

10年の調査から設けたパワースポットの存在を信じるかどうかについては、「信じる」が14・8%、「どちらかといえば信じる」が39・4%であった。いずれも女性の方が数ポイント信じる割合が高い。同じ質問に対して、12年の調査では10年より減少していたが、今回は少し増えて10年よりわずかに多くなっている。パワースポットを信じる心は一定程度持続していると言える。

悩んだときに相談したい宗教家としては「僧侶」「牧師・神父・シスター」「神主」の順になった。僧侶が18・9%、牧師等が14・8%、神主が13・9%であった。ちなみに、ネット上で相談に回答してくれる人が11・6%、街の占い師が5・6%、テレビに登場するような霊能者が4・7%であった。ネット上での相談者は対面状況ではないが、それでも1割を上回っていて、牧師等や神主とそれほど大きな違いがない。この点は、宗教関係者は、その意味するところを深く考えるべきであろう。若い世代はネットに依存する割合が高まる一方だからである。