ニュース画像
多くの人が見守る中、彰義隊墓所で盛大に営まれた150回忌法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

神武天皇は忘れられたか ― 「2600年式年祭」を迎えて

成城大教授 外池昇氏

2016年4月20日付 中外日報(論)

といけ・のぼる氏=1957年、東京都生まれ。88年、成城大大学院文学研究科日本常民文化専攻博士(後期)課程単位取得修了。2009年から同大文芸学部教授。著書に『幕末・明治期の陵墓』(吉川弘文館)、『天皇陵の近代史』(同)、『天皇陵論』(新人物往来社)、『天皇陵の誕生』(祥伝社新書)など、論文多数。

井上光貞著『神話から歴史へ』という本がある。中央公論社「日本の歴史」シリーズの第1巻で昭和40(1965)年発行である。私の父が全巻そろえて書棚に並べてあった。それを見つけて第1巻を開いてみたのが小学6年生の時であった。その始めから見ていって、あるページでとても驚いた記憶がある。今その本を確認すると、図が2点並んでいて片方が「戦後(昭和三十五年検定)の社会科教科書の日本史の第一ページ」として写真が載っていて「日本の国のはじまり」「大むかしの人々」「村からくにへ」とある。

問題はもう一つの図であった。「戦前(昭和十一年)の小学日本歴史の第一ページ(東書文庫蔵)」とあって「天照大神はわが天皇陛下の御先祖にてまします」と読める。その頃の私が天照大神の何たるかを知っていたのではないが、それにしてもこれが同じ日本史の教科書かと心底驚嘆して原稿用紙何枚かの作文を書いた。初代の天皇が神武天皇であり、しかも伝説上の架空の人物と知って驚いたことも触れて自由研究の課題とした。

橿原神宮は神武天皇陵に接し創建

だからといって私がそのまま歴史学者への道を進んだのではないが、面白いことに神武天皇への関心は研究の蓄積を経てよみがえり、この頃では神武天皇陵(奈良県橿原市)のことが関心の中心を占めるようになった。

神武天皇陵は、天皇陵に関する幕末以降の政治的な動向にあって最も重要な位置を占めた。文久2(1862)年に始まる「文久の修陵」では神武天皇陵は他の全ての天皇陵よりも尊重され、幕府と「文久の修陵」を担当した宇都宮藩によって真っ先に普請され、最も多額の費用が投じられた。明治期になると神武天皇陵に接して多くの民間の結社が居を構えて参拝者を誘引し、明治23(1890)年には神武天皇と皇后媛蹈韛五十鈴媛命を祭神とする橿原神宮が神武天皇陵に接して創建された。

もちろん先にも述べた通り神武天皇は架空の人物である。そんな人物の陵など研究してどんな意味があるのかと思う方もいるかも知れないが、決してそのようなことはない。何しろ慶応3(1867)年12月の「王政復古の大号令」には「諸事神武創業ノ始メニ原ツキ」とある。もちろんこれは理念を示したものであるから、物事の全てが「神武創業」のままにというのではない。しかし明治以降の歴史を顧みると、神武天皇を通してみなければ理解できない事柄が随分と多い。

ここで、神武天皇について考える一つの手掛かりとして、高等学校の教科書を取り上げることにしたい。『詳説日本史改訂版』(山川出版社、平成24年)は全国の高等学校で広く用いられている日本史の教科書である。そこでは神武天皇について以下の通り述べられている。

まず『古事記』の編纂に関してである。稗田阿礼が誦した内容を太安万侶が筆録した物語について、「創世の神々と国生みをはじめとして、天孫降臨、神武天皇の『東征』、日本武尊の地方制圧などの物語が律令国家の立場から編まれており、そのまま史実とはいえない」と注を付ける。この教科書では『日本書紀』に登場する神武天皇については触れていないが、本来なら何らかの説明が必要であろう。

次には、慶応3(1867)年12月の「王政復古の大号令」が『明治天皇紀』から引用されている。内容は先にも述べた通りである。ただし、本文では「王政復古の大号令」の大略を述べるのみで「神武創業」についての言及はない。

3番目には、文明開化について述べる中の祝祭日の制定をめぐる箇所である。そこには「『日本書紀』が伝える神武天皇即位の日(正月朔日)を太陽暦に換算して紀元節(2月11日)とし(略)」と注がある。

そして、昭和30(1955)年から始まる好景気について、本文で「『神武景気』とよばれる大型景気を迎え」と述べたのについて、「神武天皇の治世以来の好景気ということで名づけられた(略)」と注で述べる。

しかしこの4点は、それぞれ個別に知識として蓄えても一貫した筋が立たない。つまりこの教科書による限り、神武天皇についての事柄は他の主要な事柄に付随するものという扱いである。しかしたとえ架空の人物であっても、近代日本にとって神武天皇には大きな意味があった。このことを含めて近代史を考えるためには、神武天皇についての何を補えばよいのであろうか。

対外的公文書で用いられた皇紀

それは、皇紀(神武紀元)の採用、つまり『日本書紀』の記述に基づき、神武天皇の即位を元年とする紀年法の採用と、これを根拠とする昭和15(1940)年の紀元2600年奉祝典である。まず皇紀の採用について言えば、明治5(1872)年11月15日に「太政官布告」で定められ、以降、主に対外的な公文書で用いられたことを知る必要がある。次には、皇紀2600年に当たる昭和15年11月10日に宮城(皇居)外苑で天皇・皇后臨席の下に盛大な式典が挙行されたこととそれに伴う政府や社会の一連の動向である。これは当時いよいよ本格化の度を増しつつあった戦時体制の完成に向けての国家的行事以外の何ものでもなかったが、それでも第2次世界大戦前夜の歴史の一コマであった。そしてその理念の根源には他ならぬ神武天皇があった。

また今年はうるう年であるが、そのことの根拠法には皇紀が用いられている。明治31(1898)年勅令第90号「閏年ニ関スル件」が今日なお効力を持ち、そこには「神武天皇即位紀元年数ノ四ヲ以テ整除シ得ヘキ年ヲ閏年トス、但シ紀元年数ヨリ六百六十ヲ減シテ百ヲ以テ整除シ得ヘキモノノ中更ニ四ヲ以テ商ヲ整除シ得サル年ハ平年トス」とある。神武天皇はここでも生きていたのである。

今日、どのくらいの人々が神武天皇のことを正確に認識しているであろうか。繰り返すが、神武天皇が初代の天皇であるといっても神話の上でのことである。始祖伝承や建国神話を尊重せよと言っているのでも、ましてや神武天皇の存在を史実として認めよと言っているのでもない。ただ、神武天皇を知っているかと問うているのである。

そもそも2月11日の「建国記念の日」の由来を正確に説明できる人はいまどのくらいいるのであろうか。そして、昭和41(1966)年の「建国記念の日」制定に際しての国論を二分した大論争のことなど、もうすっかり忘れ去られてしまったのであろうか。

4月3日、皇居の宮中三殿と橿原市の陵墓で2600年式年祭が挙行された。式年祭は戦前期の「皇室祭祀令」にも規定されている祭祀で、今回について言えば神武天皇の崩御から2600年に当たるということである。これは、昭和15年の奉祝典が神武天皇の即位から2600年であったことと良い対照をなす。当日は天皇皇后両陛下が天皇陵に拝礼され、隣接する橿原神宮でも大祭が斎行され両陛下はこちらにも参拝された。今年を歴史上の神武天皇についてあれこれ考える良い機会にしたい。