ニュース画像
庭儀で明著堂に進む光淳門主
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

万人平等救済は不平等? ― 学生の宗教観、我が事の問題意識薄く

知恩院浄土宗学研究所研究員 中御門敬教氏

2015年10月9日付 中外日報(論)

なかみかど・けいきょう氏=1969年生まれ、大阪府出身。信州大人文学部卒、佛教大大学院博士課程単位取得退学。専門は浄土教。佛教大法然仏教学研究センター嘱託研究員などを務める。

2010年春、法然上人八百年大遠忌を記念する出版物として、知恩院浄土宗学研究所の編集委員会は、『法然上人のお言葉―元祖大師御法語―』(以下『お言葉』、総本山知恩院布教師会発行)を上梓した。近年、仏教界では宗典を現代語訳する試みが盛んである。浄土宗内でも機運高まり、宗祖法然上人(1133~1212)の御法語集『元祖大師御法語』(以下『御法語』)を現代語訳する運びとなったのである。『御法語』には、上人が生前に残したお言葉やお手紙が、前後篇各31章(御詠含む)にわたり収録されている。

「深心」に選択集中

私はここ数年、非常勤講師として佛教大学(京都市北区)において「法然の生涯と思想」を担当している。全学部1回生を対象とした、佛教大学の建学精神に関わる講義である。毎年、極寒の12月に私はリポート課題を出す。設題は「『お言葉』の中から、各自興味をもった御法語を一つ選び、自分の意見を入れて論述せよ」。この試みの特徴は以下のとおり。①唐突なアンケート類ではない点。基礎的な仏教観をある程度習得し、さらに浄土教への知見を深めた段階での設題。②語学的な壁を取り払った、現代語訳を教材に選んだ点。この2点である。

当初の意図は、学生による理解進度を計る点にあった。しかし受け取ったリポートを読むと、そこは驚きの世界。現代語訳を教材に使ったためか、具体的な意見が相次いだ。すぐさま私の関心は、青年の宗教観へと移った。まず私は、リポートを集計整理することに着手した。その数は2年分のA4リポート(裏面使用可)合計約300人分。しばらくすると、選択される御法語に偏りがある点に気づいた。以下の二つの御法語、前篇第十一「深心」(深心とは、「いかなる自分であろうとも、念仏すれば阿弥陀仏の本願の力で往生できる」という確信である〔注1〕)と、後篇第十「深心」(深心とは、自分が悪業・煩悩の具わった凡夫であると信じ、その自分でも本願の念仏により救われると深く信じることである)に選択の傾向が集中していた。直観的に、ここに青年の宗教観を探る糸口があるように感じた。

青年の宗教離れが叫ばれて久しい。しかし(伝統的な)宗教儀礼への無関心なのか、それとも宗教の教理そのものへの無関心なのか、その深層に迫る試みは寡聞の故か心当たりがない。そこで今回は、青年の宗教観の把握のために、選択数の多かった先の「深心」御法語の感想に焦点を当てる。

結論を先取りしよう。少なくとも教理そのものへの関心は、良くも悪くも高い。学生の意見を紹介することから開始する。

「自分が煩悩をもつ凡夫であると自覚して、阿弥陀仏の本願を信じるという点に、真摯に自分に向き合う姿勢が読み取れる」

「念仏だけで救われるなら、マジメな人からするとズルイ」

「念仏だけで救われる、これは苦しい修行を避けている。都合がいい」

「“罪の軽重を問題とせず”とあるが、一生懸命頑張った人と、人生を犯罪で終えた人が、同じく往生できるのは不公平。損した気分」

「深く信じて念仏しても、罪は消えないだろう。どんな罪も許されることになる。この『深心』という御法語には賛成しない」

「“心の善悪を顧みず、罪の軽重を問題としない”という。殺人の場合“南無阿弥陀仏”と称えるだけで許されてしまうのか」

「この御法語は無責任なアドヴァイス」

「罪人も希望をもって生きて欲しいという法然の願いを、この御法語に感じた」

「まずは自らの罪に目を向け、念仏することが大切」

「祈りという受動的な行為だけで、極楽往生できるとは安易。他力本願甚だしい」

「万人救済では人の善業が無意味になる。自業自得が否定されてしまう。現代的ではない」

「念仏だけで極楽に行けるならば、何の苦労もない」

「罪は罪。一生懸命生きている人こそ、仏は救済する」

「罪を犯した人は、亡くなってからも少しは償うべき」

「阿弥陀仏にただ救ってもらうのではなく、自分の無力さを心底思い知らなければならない。現代人が注意すべきこと」

「深く信じる心は大切。どんなに罪人でも往生できるのだから」

「信心という純粋な心こそが必要」

「悪人は救済されるべきではない。輪廻すべき。そうすれば信心的な善人が本当に報われるはず」

「念仏しても、しなくても救われるのが本当の救済」

前記意見には、古来議論されてきた古くて新しい話題も多い。それはそれで議論が必要だが、今回は特に私が感じたこと1点を論じたい。「自分と他者」の問題である。青年の多くは「他人事」として善悪を論じている。「我が事」の問題意識が希薄なのである。

「おかげさま」の視点

この点と関係する、象徴的な事例を紹介したい。昨今議論されることも多い、学校教育の道徳である。文部科学省初等中等教育局による「『道徳の内容』の学年段階・学校段階の一覧表」には、1.主として自分自身に関すること、2.主として他の人とのかかわりに関すること、3.主として自然や崇高なものとのかかわりに関すること、4.主として集団や社会とのかかわりに関すること、の4項目が出る。この一覧表からは、社会生活を送る上で、あくまで他人に迷惑をかけない、という基調が見え隠れする。自他を「別もの」のごとく扱っている。こうした断片化は“是か非か”の極論にもつながろう。その延長には、迷惑をかけたら(罪を犯せば)決まり(法律)で裁くという、直線的かつ短絡的な方向すら感じられる。約40年前に貞包論文〔注2〕に指摘されたように、我が国に伝統的な「おかげさま」という視点が欠如している。自分の中に他者を感じ、他者の中に自分を感じる、いわば仏教的な縁起の欠如が依然としてある。批判的なリポートの基調は、「自分は(恐らくは)普通の人。罪を犯した人(加害者)は悪人。悪人は許されるべきではなく、裁かれるべき」。万人救済を認めれば、道徳の崩壊をもたらすかのような論調である。そして救済主が「仏」であることを忘失している。とりもなおさず宗教上の善悪と、刑法上あるいは勧善懲悪的な善悪論とを、余りに同値している。その結果、「深心」御法語からうかがえる、念仏による万人救済性を過剰な救済、不平等だと指摘する〔注3〕。

仏教の立場からは、善とは穏やかさを与えるもの、悪とは後悔を生み出すもの。その意味では、我々すべてが善と悪を抱えている。浄土教の視座からは、そもそも大多数が凡夫、それも「罪悪生死の凡夫」である。究極的には、仏との関わりすら内包する、切り離せない自分と他者、“私とは私たち”。青年たちに責任は無いが、この自覚の欠如が、「他人事」として悪を論じる核にあるのではないか。戦後、公的な場所に宗教色が薄らいで久しい。それに基調を合わせるかのように、渇いたお作法(マナー)が謳歌する日本。こうしたことが遠因に思えてならない。なお「万人救済は不平等」だと訴える青年が多い中、次のような意見もあった。現代語訳を注意深く読むことで、かたやこうした意見も提出される。

隙間埋めるツール

「“私は絶対に犯人を許さない”と残虐な事件の度に耳にする。遺族の立場にたてば、私も加害者を許せない。しかし一方で、『そういう人を救っていく』、そんな教えが『元祖大師御法語』にはある。阿弥陀様という絶対的な存在の前では、人間の能力は問題ではない。救われるか否かは、本願を信じるか信じないかの問題である。罪深い凡夫でも、本願を信じれば救われるというのである。同時に罪を自覚し、反省することは絶対に必要だ。仏教では懺悔という。それには真実なる心が求められよう。死刑を求める遺族の気持ちは痛いほどわかる。しかし罪人の心底の懺悔、つまり深心にも眼を向ける必要があろう。『元祖大師御法語』を学びながら考えさせられた」

宗教関係者は、人々とつながる「ツール」を模索している。世間の人々は、教えとつながる「ツール」を模索している。現代の宗教事情はこうした模索状態にある。宗教離れとこの点は無関係に思えない。その隙間を埋める強力な一つの「ツール」が現代語訳である。“すぐれた現代語訳には、ある種の権威が宿る”と言えば、言い過ぎであろうか。


〈注〉1.『お言葉』の各章題名下の概要より抜粋(以下同)。

2.貞包哲朗氏が中外日報紙上に「禅と浄土と高校生」を投稿した(1975年6月28~29日付、7月1~3日付)。勤務先の佐賀県立佐賀東高校での「倫理・公民」の授業中に行った、高校生の仏教理解についての調査結果とその評価である。すでに40年前に、青少年の仏教への意識を調査された点で貴重な論文といえる。この記事を取りあげた早島鏡正氏は、『ゴータマ・ブッダ』(講談社学術文庫)において、「仏教が理解できない理由」として、①おかげさまの自覚のなさ(縁起の道理の欠如)②仏に守られているという自覚のなさ、の2点に要約する。

3.複数の人から、「昨今の被害者と加害者の法的問題に根があるのでは」と意見を頂いた。