ニュース画像
庭儀で明著堂に進む光淳門主
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

児童養護施設の現場で思う ― 子育てに大人は当事者意識を

児童養護施設光明童園園長、浄土真宗本願寺派西念寺衆徒 堀浄信氏

2015年4月29日付 中外日報(論)

ほり・じょうしん氏=1971年生まれ。龍谷大文学部仏教学科卒。95年に熊本県水俣市の自坊・浄土真宗本願寺派西念寺を母体とする児童養護施設光明童園の児童指導員に就任し、2004年から園長。水俣市の子ども・子育て会議委員、要保護児童対策地域協議会・DV防止対策地域協議会副会長、子どもネットワーク会長なども務める。

「私には、親は死んでいないと思ってたけど、いたんだね、仏の子どもだもんね、良かった」。小学2年生のA子ちゃんが、施設に隣接する寺の本堂で法話を聴いた後に言ってきた。私は胸がいっぱいになりながら、「そうだね、良かったね」と答えた。

児童養護施設とは、児童福祉法第41条に「保護者のない児童、虐待されている児童その他環境上養護を要する児童を入所させて、これを養護し、あわせて退所した者に対する相談その他の自立のための援助を行うことを目的とする施設とする」とされ、全国に595カ所あり、2万8831人の子どもが生活を送っている(2013年10月1日現在)。

その多くの施設が昭和20年代、戦争により親や家をなくした子どもたちを支援するために創設されたが、現在は、「児童虐待」「親の精神疾患」等の入所理由が多くなり、自閉症スペクトラム等の「障害等のある子ども」の入所も増えている。私が園長を務める熊本県水俣市の光明童園でも、約7割の子どもが何らかの虐待を受けており、約3割は障害等のある子どもである。

虐待を受けた子どもの傾向として、暴力や暴言、放任等の環境におかれ「虐待を受けるのは自分のせいだ」と思い込むため、自己肯定感が低く、自分を大切と思えないために他人を大切とは思えず、暴力等による好ましくない関係性をとりやすい等があげられる。

また、障害等のある子どもの傾向として、環境の変化や音等の刺激に弱かったり、こだわりが強かったりするため、コミュニケーションをとったり、決まりやルールを守ることが苦手である等があげられる。

こういった様々な課題を抱えた子どもたちへの支援を行うために、施設では様々な取り組みが行われている。

当園でも、地域の民家でより家庭に近い6人程度の少人数の落ち着いた雰囲気の中で特定の職員とその子の状況に応じた個別的な支援を行う「小規模ケア」や、子どもの生い立ちの整理を行い、自己肯定感を養う技法「LSW(ライフストーリーワーク)」等を行っているが、その根底にあるのは、「受容」である。

大人はつい「子どもを変えよう」としがちであるが、まずはその子の存在をそのまま認め、受け入れ、「あなたは大切な、愛されるべき存在」と、言葉や雰囲気で伝えていく。例えば、子どもから暴言を受けた際は、「そう言いたくなるくらいのきつい思いなんだね」と、始めにその思いを受容した上で指導していく(Yes-But法)。

中学2年生の時に、ありとあらゆる酷い虐待を受けて入所し、様々な問題行動を起こし、職員を困らせたB子さんが、少しずつ落ち着きを見せ始め、高校3年生になったある日、「児童養護施設の職員になりたい」と言った。

理由を尋ねると、「だって、楽しそうだもん」と答えた。職員との日々の何気ない関わりや雰囲気を通して、B子さんが、「心地良い」と思ったり「楽しい」と思う瞬間を、時間をかけて紡いでいった結果、「生きてたって何も良いことはない」と閉ざされ、冷えきっていた彼女の心の中に、少しずつ温かさとやわらかさが生じ、「人生も捨てたもんではないな、楽しいこともあるのかも」と思ってくれたのかもしれない。

当園のスローガンは「和顔愛語」~和やかな笑顔・やさしい言葉・思いやりの心~であり、その雰囲気づくりを大切にしている。いろいろなことが起こり試行錯誤の毎日であるが、職員同士が明るく楽しく助け合いながら自らの人生を前向きに生きているという「後ろ姿」を伝えたいと願っている。

前述のように、施設の目的には「養護」と「自立」がある。子どもはやがて卒園し、大人になり、社会の一員となり地域の中で生活を営む。将来子どもたちが社会的に「自立」できるような長期的視野にたった支援が求められる。

そのため、10年ほど前に、園から300メートル離れた一軒家をお借りして地域のグループホーム(以下、GH)を設置する計画を立てた。すると、住民から「どんな子がくるんだろう、悪いことをした子がくるのでは」との心配の声があがり、説明にまわった。結局、住民の心配は杞憂に終わり、現在では地域の中で理解と協力を得られ五つのGHを運営している。

2014年1月、「明日、ママがいない」という児童養護施設を舞台としたドラマが社会問題となった。ドラマの中で子どもたちへの酷い虐待の場面があり、実際に施設で生活する全国の子どもたちが学校等で心ないいじめを受け、関係団体が記者会見を行い放送局に中止や改善を求めるという事態に陥った。

ドラマ問題を受け、NHK熊本放送局から取材依頼があり、当時卒園前の高校3年生、大木場のどかさんとその保護者が快諾をしてくれ、同年3月に九州地区で放送され、大きな反響を呼んだ。

放送の中で彼女は、「ドラマを見て違うとらえ方をしている人もいると思う。今まで自分もいろいろと偏見の目で見られていた。でも、これからまだここで暮らす子たちのためにも自分が伝えられることはちゃんと伝えたい。施設のことをちゃんと知ってもらいたい」と取材を受けた決意を述べ、「社会に出る上で一番心配なのは『人間関係』。施設で生活したことは何も恥ずかしいことでもないし、言おうと思っているけど、そこで避けて離れていく人がいたら私、もたないかもしれない……」と複雑な思いを語ってくれた。彼女の勇気に感謝するとともに、施設を、子どもたちを理解してもらうための自らの取り組みの至らなさを痛感させられた。

日本では、「子育ては親が行うもの」という認識が根強く、「家庭で育つことが『普通』、施設で育つことは『特別』」ととらえ、「かわいそう」等といった同情や蔑みの思いを持つ傾向がある。のどかさんが語っているのは、「『施設育ち』というレッテルを貼るのではなく、そのままの私を見てほしい」ということだ。

また、「よその子どもは自分には関係がない」という考えから「子どもは親のもの、他人は口出しできない」との認識も根強い。しかし本来、子どもは社会の宝で、子育ては公的責任で行われるべきものである。全ての子どもを大切にし、教育環境を整えることで、良き環境が、良き人を育み、良き働き人をつくり、良き納税者を生み、より良い社会を形成する。

ギリシャの諺に「子どもの笑い声の聞こえない町は滅びる」とあるように、子どもを大切にしない社会は滅びる。どれだけの大人が当事者意識を持てているのだろうか。実は私自身、数年前ある講演会の中で「今の社会を形成している一人の大人として、虐待などでつらい、きつい思いをさせてしまった子どもたちに謝れますか?」と聞かれ、打ちのめされた。私こそが当事者意識が欠落していた。

法蔵菩薩は、四十八願をたてられる際、「若不生者、不取正覚」(一切衆生がさとりに入らない限り、自らもさとりに入らない)と誓われ、親鸞聖人は、「世の中安穏なれ、仏法ひろまれ」と述べられた。その意味を改めて考えさせられる。

冒頭のA子ちゃんの言葉を味わいたい。

浄土真宗のみ教えに出合わせていただいた子どもたちも私も、仏様から願われている「仏の子ども」である。私が子どもを「良い」「悪い」と判断する世界ではない。

実際、子どもたちのつぶやきやその存在に救われることが数多くある。子どもたちのお世話をし、生かしていたつもりが、実は私が子どもたちから「和顔愛語」を日々いただきながら生かされていた。

そして、み教えの大いなる願いの中で子どもたちと共に生かされていることに気づかされ、つらいことや悲しいこと、いろいろなことがある中で、良いことも悪いこともすべてをご縁として、お互い同じ仏の子どもとして、共に育ち、共に生きていく、御同朋・御同行としてのあり様、生き方が問われる。自らの至らなさを自覚し、それを自覚するほどに大きく感じられる周りからの助けや救いに感謝し、そこから前向きに人生を生きていこうとするその姿勢が求められ、その姿勢がそのまま、子どもたちに伝わると思う。

いま、私に何ができるのか。それを日々自問し、み仏のみ教えに照らし合わせながら、これからも子どもたちと共に生かされながら生きていきたいと思っている。