ニュース画像
多くの人が見守る中、彰義隊墓所で盛大に営まれた150回忌法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 随想随筆リスト> 曹洞宗大乘寺山主、世界禅センター長 東隆真

1、世界禅センター創設 海外の禅を理解し交流を

曹洞宗大乘寺山主、世界禅センター長東隆真

2016.01.15~2016.02.05

  • 1、世界禅センター創設 海外の禅を理解し交流を
  • 3、坐禅 正師に参ずることが絶対
  • 2、共存の道 海外視察重ねて40年超す
  • 4、誓願の坐禅 無量の功徳を衆生に回向

いまや世界中の多くの人々が禅に興味、関心を抱いている。そして進んで日本にやってきて、坐禅などの実践に取り組むようになった。のみならず、日本に定住して結婚し、あるいは出家僧侶となって、寺院住職に就任し、坐禅の指導者となる人もますます増えている。

わが大乘寺は、年中無休の態勢で、坐禅を中心とする修行に励んでいるが、各国から参禅に訪れる人が後を絶たない。いや増加の一方である。イタリア・フィレンツェのアンナ・マラディさんは、私の弟子となって、2005(平成17)年、イタリアで真如寺を開創した。受戒する弟子は年ごとに増えている。

中東からやってきた若い学者ママドゥア・アイーダさんは、金沢大で医学博士号を取得。同大の専任教員となったが、やがて祖国に日本文化研究所や坐禅実習所を創立する予定でいる。

今後、坐禅の中心地は、アメリカやヨーロッパに移っていくのではないか。一方で、海外の禅の動向については何も知らないと言っても過言ではない。世界各国の動向を瞬時に知ることができる現代において、禅の実態は抜け落ちている。

仏教や禅は日本からアメリカ、ヨーロッパに向かっているだけでなく、アジア諸国の仏教や禅も、欧米のみならず、ロシアやアフリカ大陸、南米などに進出しているようだ。

禅はどこに向かい、どこに行こうとしているのか。現状を知り、互いに交流し、理解し、ないし切磋琢磨し、ともに手をたずさえて世界平和の実現に向け、半歩、一歩を進めたい。そこで、私は「世界禅センター」の創設を思い立ったのだ。13(平成25)年6月9日、大乘寺で開所式を挙行し、中外日報(5月14日付)に創設の趣旨を発表した。創設に至った詳しい経緯、要旨についてはそれを参考にしてほしい。

ともあれ、私どもの行動は、徒手空拳の企てと言ってもよい。あるのは熱い同志や協力者たちの意欲のみである。無謀といえば、無謀であろう。「世界禅センター」創設の直接の動機は何であったのか。そのことについては次に触れておきたい。