ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版
トップ> 連載

近代の肖像001-100

(編集局より)本連載では、波乱に満ちた近代を生きた宗教者・思想家たちが危機の時代にどのように立ち向かい、それぞれの信仰を実践していったのかを、専門の研究者にご執筆いただきます。(毎週火・木曜に掲載)

日本テーラワーダ仏教協会事務局長佐藤哲朗(さとう・てつろう)=昭和四十七年東京生まれ。東洋大学第二文学部印度哲学科卒。会社員、フリーライター、シンクタンク研究員を経て、平成十五年に日本テーラワーダ仏教協会事務局長に就任。インターネットなどを通じて初期仏教の普及伝道活動を展開する。著書に『大アジア思想活劇仏教が結んだもうひとつの近代史』(オンブック)、共著に『仏教人物の事典』(学研)など。

99野口 復堂(1)(H19.02.06)100野口 復堂(2)(H19.02.08)

評論家大澤正道(おおさわ・まさみち)=昭和二年、名古屋市生まれ。東京大学文学部大学院修了後、平凡社入社。編集局長・出版局長を歴任し、退社後は著作に専念。主著に『アナキズム思想史』『大杉栄研究』『世界六大宗教一〇一の謎』『人類はなぜ戦争を繰り返すのか』『日本人の遺失物』、編著に『大杉栄全集』(全十二巻)『石川三四郎著作集』(全八巻)『日本アナキズム運動人名事典』など多数。

96石川三四郎(1)(H19.01.25)97石川三四郎(2)(H19.01.30)98石川三四郎(3)(H19.02.01)

近代仏教史研究家柏木隆法氏

88伊藤証信(1)(H18.12.07)89伊藤証信(2)(H18.12.12)90伊藤証信(3)(H18.12.14)
91和田幽玄(H19.01.01)92安藤現慶(H19.01.11)
93大杉栄(1)(H19.01.16)94大杉栄(2)(H19.01.18)95大杉栄(3)(H19.01.23)

国際啄木学会会長近藤典彦(こんどう・のりひこ)=昭和十三年、北海道旭川市生まれ。東京大学文学部卒、同大学院人文科学研究科国語国文学専門課程中退。北星学園余市高校、成城学園中学校・高校教諭、群馬大学助教授・教授を歴任。著書に『国家を撃つ者 石川啄木』『石川啄木と明治の日本』『啄木短歌に時代を読む』『「一握の砂」の研究』などがある。

86石川啄木(1)(H18.11.30)87石川啄木(2)(H18.12.05)

明治大学教授山泉進(やまいずみ・すすむ)=昭和二十二年、高知県土佐中村生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程中退。社会思想史専攻。現在、明治大学法学部教授、大逆事件の真実をあきらかにする会事務局長、初期社会主義研究会事務局。著書に『社会主義事始』『平民社の時代』など。

84幸徳秋水(1)(H18.11.21)85幸徳秋水(2)(H18.11.28)

日本文藝家協会会員中村文雄(なかむら・ふみお)=昭和六年、静岡県生まれ。国学院大学文学部卒業。東北大学文部教官、国土地理協会企画室長、川崎市立高校教諭、神奈川県高校教科研究会歴史分科会長、全歴研常任理事などを歴任。著書に『大逆事件と知識人』『中里介山と大逆事件』『森鴎外と明治国家』『大逆事件の全体像』など。

82大石誠之助(1)(H18.11.14)83大石誠之助(2)(H18.11.16)

関西大学教授大谷渡(おおや・わたる)=昭和二十四年、奈良県生まれ。関西大学文学部卒、同大学院修士課程修了。現在、関西大学文学部教授。専攻は日本近代史・現代史。著書に『管野スガと石上露子』『教派神道と近代日本』『天理教の史的研究』『北村兼子』 大阪河内の近代』などがある。

80管野スガ(1)(H18.11.07)81管野スガ(2)(H18.11.09)

日本近代仏教史研究者マックス・中川(まっくす・なかがわ)=昭和五十六年、ブラジル・サンパウロ州モジ・ダス・クルーゼス市生まれ。昭和六十二年、日本に帰国。花園大学史学科卒。主に明治期の仏教史を中心に研究。

79峯尾節堂(H18.11.02)

大谷大学教授泉惠機(いずみ・しげき)=昭和十九年、滋賀県生まれ。大谷大学真宗学科卒。現在、大谷大学文学部教授。同大学人権センター長。専攻は仏教と人権。主な論文に、「戯曲『ビルリ王』について」「高木顕明に関する研究資料及び略年譜について」「高木顕明と部落差別問題一・二」「大逆事件と真宗大谷派」などがある。

77高木顕明(1)(H18.10.26)78高木顕明(2)(H18.10.31)

近代仏教史研究家柏木隆法(かしわぎ・りゅうほう)=一九四九年、岐阜県生まれ。花園大学仏教史科卒。新聞記者を経て愛知教育大学講師、愛知大学講師などを歴任。著書に『大逆事件と内山愚童』『大逆事件の周辺』『伊藤証信とその周辺』『千本組始末記』、伊藤証信『無我の愛』(全十四巻)復刻編纂など。

75内山愚童(1)(H18.10.19)76内山愚童(2)(H18.10.24)

花園大学教授安永祖堂(やすなが・そどう)=一九五六年、愛媛県に生まれる。花園大学卒業後、京都天龍寺平田精耕管長に就いて入室参禅。現在花園大学教授、天龍寺国際禅堂師家。著書に、『私が生きて掴んで実践したもの』(宗教心理出版)、『禅語録傍訳全書碧巌録上・下』(四季社)、『禅ぜんZEN』(禅文化研究所)など。

66宗演(1)(H18.09.12)67宗演(2)(H18.09.14)68宗演(3)(H18.09.21)
69由理滴水(1)(H18.09.26)70由理滴水(2)(H18.09.28)71由理滴水(3)(H18.10.03)
72飯田●(とう)隠(1)(H18.10.05)●は木へんに「黨」
73飯田●(とう)隠(2)(H18.10.12)74飯田●(とう)隠(3)(H18.10.17)

聖学院大学大学院教授古屋安雄氏

63新渡戸稲造(1)(H18.08.31)64新渡戸稲造(2)(H18.09.05)65新渡戸稲造(3)(H18.09.07)

国際基督教大学教授千葉眞(ちば・しん)=一九四九年、宮城県生まれ。早稲田大学大学院修士課程修了後、プリンストン神学大学で博士号取得。専攻は西欧政治思想史、政治理論。現在、国際基督教大学教養学部社会科学科教授。著書に『現代プロテスタンティズムの政治思想』『ラディカル・デモクラシーの地平』『アーレントと現代』『二十一世紀と福音書信仰』など。

60内村鑑三(1)(H18.08.22)61内村鑑三(2)(H18.08.24)62内村鑑三(3)(H18.08.29)

聖学院大学大学院教授古屋安雄(ふるや・やすお)=一九二六年、上海生まれ。東京神学大学卒。米プリンストン神学大学、独チュービンゲン大学に留学、神学博士。国際基督教大学教授、アジア学院理事長・校長などを歴任。現在、国際基督教大学名誉教授、アジアキリスト教教育基金(ACEF)会長。主著に『キリスト教の現代的展開』『宗教の神学』『日本の将来とキリスト教』『日本のキリスト教』など。

57植村正久(1)(H18.08.03)58植村正久(2)(H18.08.08)59植村正久(3)(H18.08.10)

東洋大学名誉教授田村晃祐氏

39清沢満之(1)(H18.05.30)40清沢満之(2)(H18.06.01)41清沢満之(3)(H18.06.06)
42近角常観(1)(H18.06.08)43近角常観(2)(H18.06.13)44近角常観(3)(H18.06.15)
45石川舜台(1)(H18.06.20)46石川舜台(2)(H18.06.22)47石川舜台(3)(H18.06.27)
48七里恒順(1)(H18.06.29)49七里恒順(2)(H18.07.04)50七里恒順(3)(H18.07.06)
51大谷光瑞(1)(H18.07.11)52大谷光瑞(2)(H18.07.13)53大谷光瑞(3)(H18.07.20)
54大谷光瑞(4)(H18.07.25)
55高嶋米峰(1)(H18.07.27)56高嶋米峰(2)(H18.08.01)

日本カトリック神学会評議員阿部仲麻呂(あべ・なかまろ)=昭和四十三年東京都生まれ。上智大学文学部哲学科、神学部神学科卒。同大学大学院神学研究科博士前期課程を経てイタリアへ留学。教皇庁立グレゴリアン大学大学院神学部基礎神学科修士課程修了。カトリック司祭(サレジオ会)。著書に『信仰の美学』(春風社)など。

36新井奥邃(1)(H18.05.18)37新井奥邃(2)(H18.05.23)38新井奥邃(3)(H18.05.25)

本井康博(もとい・やすひろ)=昭和十七年、愛知県生まれ。同志社大学大学院経済学研究科修士課程修了。「新島研究功績賞」(同志社大学)を二度受賞。専門は日本プロテスタント史。主著に『新島襄の交遊』『新島襄と徳富蘇峰』など。

33新島襄(1)(H18.05.09)34新島襄(2)(H18.05.11)35新島襄(3)(H18.05.16)

田村晃祐(たむら・こうゆう)=昭和六年、茨城県生まれ。昭和二十九年、東京大学文学部卒業。昭和三十五年、同大学大学院博士課程単位取得退学。文学博士。東洋大学文学部教授を経て、現在東洋大学名誉教授、東方学院講師。日本印度学仏教学会賞、日本印度学仏教学会鈴木学術財団特別賞、中村元東方学術賞受賞。著書に『最澄教学の研究』『徳一論叢』『近代日本の仏教者たち』ほか多数。

1連載にあたって(H18.01.12)
2島地黙雷(1)(H18.01.17)3島地黙雷(2)(H18.01.19)4島地黙雷(3)(H18.01.24)
5福田行誡(1)(H18.01.26)6福田行誡(2)(H18.01.31)7福田行誡(3)(H18.02.02)
8福田行誡(4)(H18.02.07)
9坦山(1)(H18.02.09)10坦山(2)(H18.02.14)11坦山(3)(H18.02.16)
12村上専精(1)(H18.02.21)13村上専精(2)(H18.02.23)14村上専精(3)(H18.02.28)
15井上円了(1)(H18.03.02)16井上円了(2)(H18.03.07)17井上円了(3)(H18.03.09)
18前田慧雲(1)(H18.03.14)19前田慧雲(2)(H18.03.16)20前田慧雲(3)(H18.03.21)
21南条文雄(1)(H18.03.23)22南条文雄(2)(H18.3.28)23南条文雄(3)(H18.03.30)
24南条文雄(4)(H18.04.04)
25高楠順次郎(1)(H18.04.06)26高楠順次郎(2)(H18.04.11)27高楠順次郎(3)(H18.04.13)
28高楠順次郎(4)(H18.04.18)
29河口慧海(1)(H18.04.20)30河口慧海(2)(H18.04.25)31河口慧海(3)(H18.04.27)
32河口慧海(4)(H18.05.02)