ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

玉川日薩氏(日蓮宗本山妙本寺貫首、神奈川県鎌倉市)

2017年4月19日付 中外日報(訃報)

玉川日薩氏(日蓮宗本山妙本寺貫首、神奈川県鎌倉市) 10日死去。75歳。密葬儀は17日、鎌倉市大町1-15-1の妙本寺で、菅野日彰・大本山池上本門寺貫首の導師で営まれた。喪主は今川高之・妙本寺執事長。本葬は未定。

1941年、東京都生まれ。篤信の両親のもとに育ち、東京大農学部を卒業後、立正大仏教学部に編入。ネパール・ティラウラコット遺跡調査にも加わった。日蓮聖人が『立正安国論』を執筆したとされる安国論寺(鎌倉市)の住職を74年から務めた。仏教NGOネットワーク理事長、BAC仏教救援センター理事長、橘学苑長などを歴任。昨年10月に第81世貫首に晋山したばかりだった。