ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

安冨信哉氏(真宗大谷派教学研究所長、新潟県村上市・光濟寺住職)

2017年4月5日付 中外日報(訃報)

安冨信哉氏(真宗大谷派教学研究所長、新潟県村上市・光濟寺住職) 3月31日死去。73歳。5日に親族だけで密葬を営む。喪主は妻の裕美子さん。本葬儀の日程は未定。

早稲田大卒。専門は真宗学で、大谷大大学院を経て大谷大教授を務めた。著書に『親鸞と危機意識』『清沢満之と個の思想』など。宗門では2013年から教学研究所長。大谷派講師、董理院董理なども務めていた。