ニュース画像
本願寺阿弥陀堂で法要に臨む森川座主と天台僧ら
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

六車勝昭氏(神戸市中央区・生田神社宮司)

2017年2月15日付 中外日報(訃報)

六車勝昭氏(神戸市中央区・生田神社宮司) 1月18日死去。68歳。神社葬は3月18日午後2時、同市兵庫区・平安祭典神戸会館で執り行う。葬儀委員長は上島康男責任役員、喪主は長男の勝哉氏。

1948年、同市生まれ。國學院大卒。大阪・生國魂神社を経て生田神社に奉職。御旅所主任、権宮司などを歴任し、2014年7月に宮司に就いた。阪神・淡路大震災で被災した御旅所の復興、生田神社の境内整備に尽力した。

生田神社会館館長、神社本庁参与、兵庫県神社庁副庁長、教誨師、神道政治連盟副本部長。