ニュース画像
多くの人が見守る中、彰義隊墓所で盛大に営まれた150回忌法要
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

後藤壽邦氏(浄土真宗本願寺派元総務、広島市南区・光德寺住職)

2017年1月13日付 中外日報(訃報)

後藤壽邦氏(浄土真宗本願寺派元総務、広島市南区・光德寺住職) 10日死去。77歳。葬儀は17日午前11時、同区皆実町3-3-19の光徳会館で上園惠水・浄圓寺住職の導師で営まれる。喪主は妻佳子さん。

1939年生まれ。龍谷大大学院博士課程単位取得満期退学。97年に宗会議員に初当選し、昨年12月まで5期19年務め、総務5回、親鸞聖人750回大遠忌中央法要事務所理事などを歴任した。