ニュース画像
本願寺阿弥陀堂で法要に臨む森川座主と天台僧ら
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

目黒宗光氏(新潟県長岡市・真言宗豊山派萬善寺住職)

2017年1月13日付 中外日報(訃報)

目黒宗光氏(新潟県長岡市・真言宗豊山派萬善寺住職) 12月16日死去。84歳。葬儀は同24日、長岡市寺泊万善寺1002の萬善寺で営まれた。葬儀委員長は筆頭責任役員の金子佐武郎氏、導師は真言宗智山派照明寺の亀山隆雄住職。

大僧正。勧学。1932年生まれ。大正大卒。集議、本山特派布教師、管長推戴委員会委員、法会儀則専門委員会委員、総合研究院事相研究所指導阿闍梨などを歴任。事相の泰斗で、2011年に密教学芸賞を受賞。