ニュース画像
5時46分に「あわせの地蔵」の前で黙祷する青年僧ら
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

佐古弘文氏(法華宗陣門流宗務総長、東京都北区・大久寺住職)

2016年11月18日付 中外日報(訃報)

佐古弘文氏(法華宗陣門流宗務総長、東京都北区・大久寺住職) 10日死去。66歳。通夜は28日午後6時、葬儀は29日午前11時から、北区田端3-21-1の自坊で。導師は門谷日悠管長、喪主は長男の弘純氏。

東洋大文学部印度哲学科卒。1977年に法華宗学林助手。学林教授、宗学研究所副所長、布教研究所副所長などを歴任し、教学研究・子弟育成に尽力。宗務院では教学部長、総務部長を経て、2009年に宗務総長に選出され、現在3期目。教学研鑽や他宗派との交流促進を積極的に進めた。『シリーズ日蓮』刊行会の会長を務めた。