ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

添田宗務総長を再選 高野山真言宗宗会

2017年6月6日 18時00分

2日に開かれた高野山真言宗の臨時宗会で、次期宗務総長(総本山金剛峯寺執行長)の候補者に現職の添田隆昭・高野山塔頭蓮華定院住職(70)が選出され、5日の選挙会で再選が確定した。任期は7月5日から4年間。

候補者となるには宗会議員の投票で5分の1以上の得票が必要。候補者に届け出たのは添田氏一人で事実上の信任投票になり、開票の結果、全議員37人が票を投じた。

候補者が一人のため選挙人による投票は行われず、選挙会は同氏を当選人とした。(詳細は2017年6月7日号をご覧ください。中外日報購読申し込み