ニュース画像
叡南覚範門主からおかみそりを受ける参加者
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

善光寺大勧進、住職代務者を教務所に申請

2017年4月13日 17時58分

長野市の天台宗善光寺大勧進は11日、小松玄澄貫主(83)に対する住職代務者申請書を信越教区教務所に提出した。

大勧進を管轄する同教区では書類に不備はなかったとして受理し、近日中に天台宗務庁宛てに発送する。

大勧進事務所では「この件についてコメントはできない」とし、宗務庁の担当者も「何も聞いていない」としている。

宗務庁が受理し代務者を認めれば、宗規上、小松貫主は失職することになる。(詳細は2017年4月14日号をご覧ください。中外日報購読申し込み