ニュース画像
開基の妙達上人像を開眼する五十嵐住職
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

大隠は朝市に住まい 中隠は「吏隠」となる

2013年10月26日付 中外日報(社説)

4世紀東晋の孫綽は山濤を「吏にして吏に非ず、隠にして隠に非ざる」理解し難い人物であると批判した。山濤は魏晋の時代の自由人のグループである「竹林の七賢」の一人。若いうちこそ「隠身自晦」し、すなわち隠者のように韜晦につとめていたものの、40歳にして仕官するや、それ以後は西晋王朝の顕貴の位を歴任したのであって、そのような生き方を、孫綽は「吏にして吏に非ず、隠にして隠に非ず」、官僚でもなく隠者でもないと批判したのであった。

ところが、発想をまったく転換して、「吏にして吏に非ず、隠にして隠に非ざる」存在を、「吏」にしてかつ「隠」、「隠」にしてかつ「吏」なる「吏隠」と呼んで理想化する考えも存したのであった。その顕著な例を唐の白居易の詩文に見いだすことができる。

例えば皇甫鏞なる人物の墓誌に、白居易は「初め元和中(806~820)、公は始めて郎官に因って東洛に分司し、是れに由って伊嵩の趣きを得、吏隠の心に愜う」と記している。「東洛」は東都洛陽のこと、「伊嵩」は洛陽近辺の伊河と嵩山。そして「東洛に分司す」とは都長安の中央政府のいわば出張所として洛陽に設けられた分司東都台の役人勤めをいうのだが、それは公務に忙殺されることのない気楽な仕事なのであった。白居易が分司東都となった皇甫鏞を、「吏隠の心に愜った」人物として描いたのは、白居易自らの心情の投影であったろう。

というのも、白居易はその生涯において3度にわたって分司東都の官となり、大和3(829)年、その官となること2度目の58歳の時には「中隠」と題した詩に次のようにうたっているからだ。

大隠は朝市に住まい、小隠は丘樊に入る。丘樊は太だ冷落、朝市は太だ囂諠。如かず中隠と作って、隠れて留司の官に在るには。

偉大な隠者は「朝市(朝廷や市場)」に隠れ住まい、つまらぬ隠者は「丘樊(山林)」に入る、という意表を突くうたい出しは、実は晋の王康琚の「反招隠詩」に「小隠は陵藪に隠れ、大隠は朝市に隠る」とあるのに基づく。丘樊の生活はうら寂しく、朝市はかまびすしい。だから大隠と小隠の中間の「中隠」として「留司の官」すなわち分司東都の官となるのが何よりだというのである。

中隠はまさしく大隠と小隠の中間の存在であり、それは白居易独自の「吏隠」の言い換えなのであった。その詩には分司東都の官について「忙しきに非ず亦た閑なるに非ず」とか「終歳公事(公務)は無し」などもうたわれている。