ニュース画像
関係者に感謝の言葉を述べる田代弘興化主
主な連載 過去の連載 エンディングへの備え
苦縁―東日本大震災 寄り添う宗教者たち
購読のお申し込み
新規購読キャンペーン
紙面保存版

詩情はぐくんだ竹中郁氏の足跡

2007年9月6日付 中外日報(社説)

「すいそばくだん/すいそばくだん/おおかんにんしてちょうだい/だれをころすの/すいそばくだん/わたしはみんなと/くらしたい/つくるお金で/わたしらに/いいものこうてちょうだい/どうぞどうぞ/かんにんしてちょうだい」

戦後の昭和二十年代から二十余年間、大阪で『きりん』という児童詩の雑誌が発行されていたのをご存じだろうか。大正七年から昭和十一年にかけて東京で刊行された児童文学誌の『赤い鳥』はよく知られているが、その通算号数は百九十六。『きりん』は昭和二十三年から四十六年まで、それを上回る二百二十の号数を重ねた。

ここに紹介したのは昭和二十五年に、大阪市立田辺小学校二年生だった山口雅代さんが『きりん』に発表した作品である。水爆の初実験が行なわれたのは昭和二十七年(一九五二)で、山口さんの詩はその二年前に作られた。恐らく、水爆製造が進められているとの報道を聞いて、詩につづったのだろう。

この詩を読んで感じられるのは「かんにんしてちょうだい」で分かるように、政治やイデオロギーではなく、幼い心が人間としての自然な感情にもとづいて、非核平和を求めていることだ。これは『きりん』を創刊した竹中郁氏(一九〇四八二)の作風そのものでもある。神戸市出身の竹中氏はモダニズム詩人として知られ、終生、関西を離れなかった。

終戦直後、焼け跡の広がる大阪で、ある出版業者が新雑誌の創刊を思い立ち、竹中氏や、作家の井上靖氏(一九〇七九一)ら文化人数人に相談した。井上氏は当時、毎日新聞大阪本社学芸部副部長で、毎日小学生新聞の詩の選者を兼ねていた。その縁で、児童詩の専門誌『きりん』の創刊が決まった。

竹中氏らが選んだ作品に大阪府豊中市立桜塚小学校五年生、村田もと子さんの「さくら」がある。

「土手にねて/桜をみたら/いっそうきれいだ/つかれが土手に/すわれたようだ」

竹中氏は「大人だと、きっと桜の様子をくどくど書いて、かえって美しさへの感動を取り逃がしてしまうだろう=要旨」と選評に記し、村田さんの簡潔な表現を激賞している。

こうした業績を残したにもかかわらず『きりん』の知名度は『赤い鳥』には及ばない。今のうちに『きりん』の功績を書き止めておこうとの観点から、このほど『きりんのあしあと』という冊子が大阪で刊行された。著者は大阪市東淀川区在住の澤田省三氏。大阪府高槻、吹田両市の三つの小学校で校長を務め詩人校長とも呼ばれた。

澤田氏は『きりん』創刊前年の昭和二十二年に生まれ、きりんとともに育った世代である。小学校在学中に、竹中氏に傾倒する教師から詩作を教えられた。同五十年に小学校教師になった時は『きりん』はすでに終刊していたが、竹中氏が大阪市の「子ども文化センター」などで毎月一回開く「子ども詩の会」へ参加して、児童とともに指導を受けた。文部省(当時)は児童に、まず原稿用紙の正しい使い方を教えるよう求める。しかし竹中氏は、形式よりも児童の感性を大切にした。

最初に紹介した山口雅代さんは、五年生の時「変わる考え」を発表した。

「病院で/手足の不自由な/ちいさな子をたくさん見た/わたしのからだは もうこれでよい/この子たち/どうぞ よくなってちょうだい/こう思って病院を出た/電車で駅へついた/やっぱり なおりたくなった」

実は山口さんは、先天性脳性まひという重い障害の身だった。それでいて、自分より年少の患者に温かい目を注ぐ。まさに宗教者の境地だ。その後の人生で山口さんがどんな作品を作ったのか、ぜひ澤田氏にそれを追跡してほしいと思う。